トップイメージ

不動産の選び方

不動産屋さんには主に賃貸をメインにしている店舗と、売買をメインにしている店舗があります。どちらも行っている会社もありますが、大きく分けるとこの2つに大別されます。

もし賃貸で不動産を探す場合には、今ではインターネット等で不動産情報が業者間でも共有されているので、ネットで探していると同じ物件が複数の業者から出ている場合があります。

そのような場合には、複数連絡をしてみて、対応などの面で自分の好きな業者を選ぶことができるでしょう。

ただ、ネット上への公開を希望しない大家さんもいますので、そのような場合には実際に不動産やに行って初めて情報を見ることができる、という場合もあります。

仲介手数料は、通常は家賃の1ヶ月分+消費税というケースがほとんどでしょう。

まれに、その不動産会社が大家(貸し主)で、仲介手数料が不要な場合があります。
また、仲介手数料を半月分にしているところもありますので、どちらを選ぶかはその時々の判断によります。

例えば、いくら仲介手数料が半月分でも、希望に合致する物件情報を持っていない店舗や、なんらかの事情があって多くの物件を紹介しない店舗もありますので、そのような場合にはいくら手数料が安いからといっても本末転倒です。

このような場合には、1ヶ月分の仲介手数料を払ってでも、希望の物件を紹介してくれる不動産屋を探した方が得策でしょう。

また、物件間の比較も重要です。あまり多く見過ぎると迷ってしまって、かえって決められなくなってしまうことがありますので、3〜5物件くらいが妥当でしょうか。
そのくらいを目安にしてみてください。

最新情報

おすすめリンク

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りの原因と治療法を解説
ベースの初心者 ベース初心者向けの短期上達法
中国語入門 中国語の初心者から会話と発音が上達
職場の人間関係 職場のコミュニケーション力の向上方法
相続の手続き方法 相続と遺言書手続きを詳しく解説

 

Copyright (C) total11housing.com All Rights Reserved.